歯の治療、インプラントとリスクについて

インプラントで美しい歯に / タイトル


歯の治療、インプラントとリスクについて

歯を喪失した時の治療方法として、入れ歯、着脱不可能なブリッジなどたくさんあります。
インプラントもまた、最近治療法として注目されています。
インプラントとは、喪失した歯根の代わりとして顎の骨に人工歯根を作り据え付け、それを土台にして修復する治療法です。
メリットとリスクについては以下の通りです。
メリットは人工の歯根があることで強度はずっと強くなり、健康なものと同じ感覚で使用できることです。
ただし、リスクとしては、顎骨に相当の負荷がかかるため、噛み合わせや就寝時の噛み締め等の生活習慣の把握を慎重に行うこと、またインプラント導入前よりずっと細やかな口内のメインテナンスも必要となってきます。
不幸にも若年期に不慮の事故により喪失した時にはインプラントの方が有効な治療法と言えますが、若年の患者でも歯周病が起こりやすいと予想される患者や老年期の患者にとってはリスクが高く、必ずしも有効な治療法とは言えなくなります。

インプラントの特徴と利用の際の注意点について

インプラントは人体に埋め込まれる器具の総称ですが、特に人工の歯を装着する行為を指すのが一般的です。
人工の歯は入れ歯が広く普及していますが、使用を続けることで劣化が進むことや日頃の手入れに手間がかかる難点があります。そのため、高品質で見栄えが良いインプラントを利用する割合が増加しています。歯が欠損した部分に金属製の固定用器具を埋め込み、人工の歯を装着するのが最も一般的な方法です。
使用される人工の歯は変色や欠損などのトラブルに強い耐性を持っていることから、見栄えの良さを長く保持できる利点があります。そのため、年齢を問わず高い需要があります。
その一方で歯茎に器具を埋め込むために外科手術を行う必要がある他、噛み合わせの調整に時間がかかることを注意する必要があります。
また、患者の体質や医師の技術力によっては器具が安定せずに状態が改善しないケースもあるので、事前の検査や医師の評判の調査が不可欠になります。
インプラント治療は多くの場合、医療保険が適用されないので費用は全額が患者の自己負担になる点も併せて注意します。同じ治療でも医療機関によって費用が異なるので、医師の腕前と費用の釣り合いが取れている所を選ぶことが重要になります。治療は一度始めると完了するまで長い時間がかかることが多いため、生活サイクルによっては治療そのものを受けることができないケースもあります。
そのため、歯の状態を改善させるためには多角的な面から考慮したうえで最良の方法を選択することが大切です。

recommend

それぞれの長所を生かした、なりたい・理想のエクスタイルを提案します!

抜けにくいヘアエクステ(渋谷)

たったの3ステップで買取依頼ができる!

パソコンの買取

思い描いているデザインや生地でお仕立ていたします。

極上クオリティのオーダードレス

雑誌でも大活躍、とにかくカットが上手いサロン

表参道 美容室

丁寧なカウンセリングと納得の高技術でモチ・仕上がりの良さに大満足

自由が丘 まつエク

最終更新日:2014/10/29